プリリジーでコンプレックスを克服して告白しよう

早漏のコンプレックスがあると、告白する勇気も失せてしまいます。
早漏はQOL(生活の質)を低下させるとともに、自信を失わせる原因になります。
告白したいと思っても、早漏のコンプレックスで押しつぶされて、先延ばしになっているうちに告白のタイミングを逃してしまうかもしれません。
そのコンプレックス克服に有効なのが、早漏防止薬プリリジーです。
プリリジーはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の薬と同様の効果を発揮する、有効成分ダポキセチンが含まれています。
ダポキセチンには神経細胞がセロトニンを再吸収してしまうのを邪魔して、脳内セロトニン濃度を高める働きがあります。
早漏の原因の一つとして、遺伝によるセロトニン不足があります。
セロトニンの量が生まれつき少ないことで、性的刺激に興奮しやすくなってしまいます。
このような生まれつきセロトニン量が少ない人の早漏にも、プリリジーは効果を発揮してくれます。
遺伝だからしょうがないと思っている人は、試してみると良いでしょう。
早漏になりやすい人は、ストレスを感じやすい性格が災いしていることもあります。
リラックスして性行為に臨むことができないので、刺激がくるとすぐに反応してしまいます。
これも、ストレスによってセロトニン量が不足して、自律神経が優位になることによって興奮が起こりやすくなることが原因です。
ストレスを感じやすいという人は、パートナーに協力してもらい、ゆっくりと行為に臨むようにすると良いです。
早漏を治そうと思って焦ってしまうと、交感神経が活発になり、ますます症状が悪化してしまうこともあります。
今回はプリリジーを使って、自然に治していこうというくらいの余裕を持つと良いです。