早漏防止トレーニング動画と対策品プリリジー

通常よりも早めのタイミングで射精してしまうのが、早漏の症状です。
ED(勃起障害)は血行障害が原因で、血流を良くする対策品が治療に使われます。
治療薬もありますし、局部をマッサージする対策品などもあります。
早漏は、EDとは違い血行には問題ありません。
原因になっているのは、性的興奮に敏感すぎる脳と、刺激に弱いペニスです。
性的刺激による興奮を抑える対策品として、プリリジーという防止薬があります。
脳内のセロトニンの量を増やすことで、気持ちを落ち着かせて、射精までの時間を延ばす作用があります。
セロトニンが増える仕組みは、神経細胞がセロトニンを再吸収してしまうのを、プリリジーに含まれているダポキセチンという物質が阻害することで起こります。
再吸収の量が減ることで、脳内に残るセロトニンが増え、結果的にセロトニン量が増えるという仕組みです。
これは抗うつ剤などの薬にも使われているメカニズムで、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の薬の特徴です。
プリリジーは性行為の1~3時間前に飲んで性行為に臨めば、早漏を防止させることが出来ます。
食前や食間に飲んでも効果は変わりません。
プリリジー以外で対策するには、ペニスを鍛える動画や、考え方を改善する動画を見てトレーニングするのがおすすめです。
動画はネットで見ることが出来ます。
早漏の経験者がやってみて有効だった方法を詳しく解説してくれるので、参考になります。
早漏を根本から解決するには、パートナーによる協力と自力で立ち直ろうとする努力が必要です。
ただし、あまりプレッシャーに感じすぎないようにリラックスしてゲーム感覚で取り組む方が効果が出ます。
気長にトレーニングするようにしましょう。