病気から早漏になることも

普段の生活で感じるストレスや心配事等が原因で早漏になる男性がいますが、病気から早漏になる男性もいます。
その病気は糖尿や前立腺や膀胱がアルコール中毒症の病気です。
特に前立腺の肥大が原因で精巣等の性機能がおかしくなり、正常に機能しなくなるという男性は多いです。
前立腺の病気は齢を重ねる事に発症しやすくなりますが、発症したまま放っておくと癌になっていたという事もあります。
前立腺のように生殖器系のトラブルが原因で、射精するためのタイミング等を早めてしまい、早漏になってしまうのです。
ペニスを女性の体内に入れて射精に至るまでの時間は人それぞれで、人種によっても時間の誤差はありますが、日本人男性の平均射精時間は5分から10分の間です。
しかし5分より短い人全てが早漏というわけではなく、射精に至るまでの時間が1分から2分以内というように、極端に時間が短い人が早漏になっている可能性が大きいです。
国によっては女性が満足するまでの時間より、5分以上早く射精をしてしまうと早漏になっている可能性が大きいという国もあります。
本来、早漏は病気ではないですが早漏になってしまったと思った時は、泌尿器科の医師の診察を受けると良いです。