年取ることの意味・早漏改善薬プリリジー

年取るということは、体が衰えていくという意味でもあります。
男性が年取るということは、ペニスの性機能も衰えていくという意味です。
ただし、全ての男性が年取ることで早漏になるわけではありません。
早漏になるのは、射精を抑えるための筋肉の力が衰えるからです。
我慢ができなくなるという意味です。
早漏治療で有効なのは、筋肉や我慢する力をトレーニングすることです。
トレーニング方法はいろいろありますが、ストップ&スタート法は行動療法としてよく使われています。
射精しそうになったタイミングで一旦動きを止めて、落ち着いてきたら女性が男性の亀頭部を圧迫します。
これを3回繰り返して、4回目に射精します。
これを繰り返すことで、射精を抑える筋肉を鍛えながら、我慢する力を養うことが出来ます。
ED(勃起障害)も早漏も、どちらも加齢によって起こりやすいのは確かです。
年を取れば血管に弾力性がなくなって血流が悪くなりますし、内側の筋肉も衰えてくるからです。
早漏だけの問題であれば、プリリジーを使うという方法も有効です。
プリリジーは抗うつ剤と同じSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の薬で、脳内セロトニン濃度を高めることで気持ちを落ち着かせる作用があります。
気持ちが落ち着くことにより、性的興奮に強くなり、射精までの時間を延ばすことが出来ます。
プリリジーを使うことにより、男女の性行為のタイミングの不一致を解決することが出来るので、パートナーを満足させやすくなります。
ただし、プリリジーは対処療法なので、根本から早漏を克服するならばアンチエイジングをすることが必要です。
早漏改善トレーニングや、細胞老化の進行を抑える生活習慣を身につけることが大切です。